共に歩む、共に未来へ

ご挨拶

 昨今の日本を鑑みるにあたり、日本人の誇りであった“慎み深い精神、深い友愛、年長者への敬愛、地域で子供を育てる公の精神”が薄れてきているように感じます。その原因は何なのでしょうか。核家族の増加による高齢者、働く世代及び子供たちとの関係のバランスが崩れてしまったことにあるのでしょうか。 他方、老若男女の関係希薄化の問題はさておき、貧困層家庭で生まれ育児放棄された児童や家庭内虐待により施設に保護せざるを得なくなった児童など、全国599ヶ所の擁護施設に預けられた子供たち(29,979人)やその予備群が存在している純然たる事実があります。その問題に対する世間の関心は決して充分なものとは言えず、次の日本を担うべき私たちの宝(子供たち)に対して、恵まれない環境下にあり努力を諦めている子供たちに対して、我々は充分な支援をしているのだろうか、恵まれない環境で育ち18歳で養護施設の外に出される子供たちに明るい未来を見せているのだろうか、帰る家を提供しているのだろうか、そこに問題意識があります。
一部の一定の収入がある家庭で育つ子供たちだけが良い教育を受ける、そうでないものは、親の背中も見ていない、教えてもくれない、努力の仕方もわからない状況下で育ち、不遇なスパイラルから脱却できない構図が既に出来上がってしまっています。そのような日本は我々の先人たちが望んだ日本国の姿なのでしょうか。今、教育を受け、曲がりなりにも普通の生活ができている我々が未来に日本国に対して成すべきことは、教育を受けたくても受けられない子供たちへの支援だと感じております。 「政府が悪い、政治が悪い」というのは簡単ですが、そこで思考停止していては何も生まれません。貧困層の家庭に生まれるのも裕福な家庭に生まれるのも運でしかありません。我々は、生まれた時点で可能性が狭まってしまう恵まれない環境の子供たちに、“帰る場所”、“働く喜び”、“ITによる自分に可能性への気づき”、“生きる意味”を提供したく、また薄れていく“日本の精神”を子供たちに伝えたく、この会社を立ち上げました。成功のため全力を尽くさせて戴く所存でございます。 暖かいご支援のほど、宜しくお願い申し上げます。

アミフィアブル株式会社 発起人

ニュースリリース

事業紹介

IT教育サービス・研修サービス プログラマー育成/オフィスソフト研修/ビジネスマナー研修
受託開発サービス 業務アプリケーションの新規開発/既存システムの解析・改修/運用・保守
システムエンジニアリングサービス(SES) プロジェクト管理/開発支援/技術サポート
事業紹介

アミフィアブル株式会社


〒105-0003 東京都港区西新橋3丁目19−12

TEL:03-3518-9895

FAX:03-3518-9896

E-Mail:info@amifiable.co.jp

会社概要はこちらをご覧ください。


お気軽にお問い合せください。


お 問い合わせに際しては、当社のプライバシーポリシーについてご同意の上ご送信ください。
お問い合せ